August 30, 2005

パリ買い付けについて

今週9/1(木)からパリに買い付けに行ってきます。Topicsでもお知らせしていますが、前日の8/31から9/8までは通信販売はお休みとなりますが、実店舗の方は9/1から9/5までは通常通り営業いたします。9/6から9/8までお休みとなりますのでどうぞよろしくお願い致します。

 パリはもう日本より涼しいのでしょうか・・?いつも予めインターネットで現地の気温や天候などは調べるのですが、前回予想に反して暑かったので洋服には気を使いますね・・。もう秋服の方がいいのかな・・でもまた前みたいにかなり暑くなったらどうしよう・・なんて迷ってしまうのです。日中と夜との気温差は結構あるのでジャケットはいるかな、とは思っています。

 パリのガイドってどういうものがおすすめですか?と聞かれたことがあるのですがどれがいいんでしょうね・・・。
地球の歩き方 ガイドブック A07 パリ&近郊の町
が定番でしょうか?地図も分かりやすいですし、無難にいろんなお店や情報が載っているのでとりあえずみんな1冊は持っているのでは?(パリでは地球の歩き方片手に歩いている日本人多しです。)

 私がそれ以外にかかさず持って行く本が
パリノルール 最新版
です。最新版でもちょっと前の本なのですが、一般的な情報から少しマニアックな情報まで読んでいて面白い本です。写真やイラストなどは少ないので初めて・・という方には少し分かりにくいかもしれませんし、文字も細かくぎっしり書いてあるので活字を読むのが好きという方におすすめかも・・。活字好きにおすすめといえば・・・
ツェツェと仲間たちのパリガイド
もかなり細かくいろいろ載っています。ツェツェの二人とその仲間のクリエイター達がそれぞれおすすめの店や場所を紹介している本なのですが、フランス語と日本語の文が並んでいてかなり読み応えのある1冊です。現地で活躍している人達の情報なので普通のガイドブックとは違う視点で見ることができておもしろいのですが、少し前の本なので多少情報が古いかもしれません。値段なんかもまだフランで紹介しています。というか私がこの本を買ったのがまだフランの時でしたので仕方ないですが・・。

 その他、役に立っているのが雑誌のフィガロ・ジャポンですね。大体年に1回位のペースでパリ特集が出ているのですが、ここ数年出るたび必ず買っています。雑誌なのでレアな情報が手に入りますし、おしゃれなお店がやっぱり多いです。素敵なホテルも紹介されていますし、なんと言ってもすごいのが付録で付いているパリのMAP。これがすごく細かい!見ていると気持ち悪くなるほどの細かさです。恐ろしい数のお店やレストラン、ホテルなどなど・・。誰が調べているんでしょうね・・・。MAPを作成するだけでもすごい労力を使いそうです。でもこのMAP、地域別に書かれていますし、薄くて持ち運びしやすいのでかなり役に立っています。

 なんだかここに紹介したものはすべて活字ぎっしり、読むのが疲れる、というセレクトになってしまいましたね。最近は行くところが決まっていて観光らしい観光はあまりしていないので本を持っていってもほとんど地図を見るだけになってしまっています。いつも少ない日数でバタバタしてゆっくりできないので、たまにはゆっくりと観光として行きたいものです。では今回も観光ナシの旅ですが頑張って行ってきます!  

August 27, 2005

白いままごとキッチン

ままごとキッチン



 
 
 当店ではキッズ・ベビー用品のコーナーの片隅にこのような白いままごとキッチンをディスプレイしています。手作り家具コロールさんの商品ですが、当店でも委託販売をいたしております。このキッチンはディスプレイしているものですので、キッチンもキッチンの上のおままごとセットもお子様が自由に遊んでいただけるようになっています。お母様がお買い物している間、お子様にはこのキッチンで遊んでいただいているので、お母様、お子様ともに好評いただいております。中にはお母様がお買い物を終えられているのに、「帰りたくないー!」と言ってキッチンにしがみついているお子様も・・・。よく来られるお子様達の中にはもうキッチンの場所を覚えていてお店に入るなりキッチンに直行することも・・。子供って本当におままごとが好きですよね。女の子だけではなく、男の子でも夢中になっている子が多かったのが意外でした。

 お店を始める時に、小さなお子様連れのお客様がゆっくりとお買い物が出来るようにと、子供が遊べるスペースを作ること、ベビーカーで来られる方の為にベビーカーが通れるように家具を配置すること、というのは最初から頭にありました。ここは住宅街ということもあって予想以上に小さなお子様連れのお客様が多かったので、このアイデアは良かったな、と思いました。親がお買い物に夢中になるとどうしても子供は退屈になってしまいますよね。お子様達にとってもうちのお店は退屈な所ではなくて楽しい所って思っていただけるといいな・・と思っています。

キッチンの上には何があるのかな・・・?

ままごとセット



 
 
 かわいいお野菜だと思いませんか?お子様達は上手にお料理をしてくれています。これらのお野菜、紙のようなもので出来ているのですが、残念ながら当店の商品ではありません。用事があって鳥取に行った時に偶然入った手芸屋さんで見つけたものです。紙・・だと思うのですが、軽いのにとてもしっかりしています。そして形がとてもリアルですよね?お値段もすごく安かった記憶があるのですが、子供達が存分に遊んでも崩れたりせず意外と丈夫なのです。ヨーロッパの木製のお野菜や果物なんかもかわいくて好きなのですが、こういう日本の手作り風なものもいいですよね。このリアルな形が好評で、お値段もお手頃だったのでもっとたくさん買ったら良かった!と思っています。鳥取にしか売っていないのでしょうか・・・?JRの駅近くのお店でしたので鳥取の方はよくご存知かもしれませんね。

   

August 25, 2005

夜のセーヌ川

セーヌ川




 
 前回、5月下旬にパリを訪れた時のセーヌ川の写真です。
何時くらいだと思いますか?お昼過ぎ・・ちょうどティータイムぐらいのような感じがしませんか?この写真を撮ったのは夕食後、ホテルに向かって歩いていた時にセーヌ川を渡った際に撮ったものです。夜の9時前だったでしょうか・・・8時30分は余裕で過ぎていたと思います。

 この季節、パリは日が暮れるのがとても遅く、夜になってもこの明るさなのです。10時過ぎくらいにならないと暗くなってこないんじゃないでしょうか。基本的にパリに行く時は女同士で行くことが多い為、夜遅くに外をウロウロしない様にしていますので、この季節にパリに行くと夜の暗くなったパリの風景を見る機会が少なくなるのです。でもこの明るさで夜の9時だなんて日本では考えられないですよね?基本的にフランス人は夕食の時間が日本よりも遅く、7時くらいにレストランに行くととても空いています。8時過ぎくらいにポツポツと人が入って来て9時くらいになると人がいっぱいになっている気がします。もちろんお店にもよりますが。(ガイドブックに載っている某有名老舗カフェなんかですと7時から列が出来ている時もありましたが・・。)この明るさなので8時に夕食をとっていても何だか今はランチタイム?というような感じがします。冬は日が暮れるのがとても早いので、パリに行くのなら初夏から夏にかけて行く方が何だか得をした気がしますね。

 セーヌ川と言えば、数年前から夏になるとここセーヌの川岸に人口の砂浜が登場するそうですね。パリ・プラージュ(パリの砂浜)と言って夏のヴァカンスの時期にだけ作られるそうですが、セーヌ川でリゾート気分が味わえる、とのことで今ではとても有名になっていますね。私はこの時期にパリに行くことがないので見たことがありません。最初にその話を聞いたときはとても異様な感じがしたのですが、もう今ではパリの人達にとっては夏のおなじみの光景なんでしょうか・・・。今年のパリ・プラージュもつい先日終了しましたが、私も1度くらいは見てみたいな・・なんて思っています。

 次回の渡仏もいよいよあと1週間となりました。いつもの事ですが、直前にならないと準備をしないので、もちろんまだ全然準備なんてしていません。出発日の朝にスーツケースに荷物をつめる、なんてこともよくありましたが、今回は久々の直行便でいつもより早く空港に行かなければなりませんので(今まで夕方出発が多かったのです。)早目に準備しないといけませんね。パリ買い付け期間中の実店舗の営業日につきましてはまたTopicsでお知らせいたします。何日間かはオープンしますが、臨時休業する日も数日あるかと思います。通信販売、メールのお返事などはこの期間お休みになるかと思いますが、どちらもTopicsにて今週末くらいにはお知らせいたしますのでよろしくお願い致します。
   

August 22, 2005

カーラ・ブルー二

ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ

 カーラ・ブルー二ってご存知ですか?
ちょうど私が学生の頃、海外のスーパーモデル達がたくさん活躍していて、スーパーモデルブームになっていたのですが、カーラ・ブルー二もそんなスーパーモデルの中の一人でした。シンディ・クロフォードやクラウディア・シファーといった名前なら聞いたことのある方が多いのではないでしょうか?カーラも彼女達と同時代に活躍していたモデルで、当時海外だけでなく日本のファッション誌でもよく特集をされていたので彼女達の活躍ぶりを頻繁に見ることができました。カーラはイタリアの裕福な家庭に生まれ、幼少の頃よりフランスで育ったのですが、両親ともに音楽家で彼女自身も小さい時から様々な楽器を習い、いろんな音楽を聴きながら育ったそうです。

 スーパーモデル全盛の頃、ナオミ・キャンベルやリンダ・エヴァンジェリスタなどがとても人気がありましたが、当時のカーラは綺麗なだけでなく知性的な雰囲気もあり、どちらかというとサバサバとした感じでしたがとても魅力があって、当時の私にとって憧れの存在でした。恋の噂もとても多く、あのミック・ジャガーとも噂になっていました。そんな彼女が何とCDデビューをしたとの事、しかも殆どの曲を自分で作詞作曲をしているというのです。何年か前にモデルは辞めたそうですが、CDを出すなんて・・・と思っていたのですが、彼女の出したCDはフランスでも高く評価され、百万枚以上も売れたそうです。私も最初に聴くまでは正直どんなものかな・・?と半信半疑だったのですが・・・すごく良かったです!カーラらしいハスキーな声で(女性でも男性でもちょっと低めなハスキーな声って憧れなのです。)聴いていてとても心地よい気分にさせてくれます。というわけでお店のBGMのリストに仲間入りしました。

 お店のBGMについてお客様からよくお問い合わせがあったので、少しずつご紹介していけたら・・・と思い今回は大好きなカーラ・ブルー二を選んでみました。店内ではその日の気分によって曲を変えていますので、いつもこのCDを流しているというわけではないのですが、最近ではお気に入りなのでかけていることが多いですね。結構私の趣味で曲を選んでいるので、(その日の気分にもよりますね・・・。)統一感があまりないのですが、また機会があればこんな風にお店のBGMについてお話させていただきますね。今日は曲について、というより人物のことしか書いてないですが・・・。またご興味のある方は是非聴いてみて下さいね。  

August 18, 2005

Cote Bastideのバスソルト

Cote Bastide バスソルト

  


  
 1年を通して人気の香りですが、この季節に特にピッタリのCote Bastideのグレープフルーツの香りのシリーズ。お客様からのリクエストがあって今回グレープフルーツの香りのバスソルトを入れてみました。Cote Bastideのグレープフルーツの香りは柑橘系でもきつい香りではなく、爽やかさの中に甘さもあり当店でも人気癸韻旅瓩蠅任后グレープフルーツの香りの効能はストレスを和らげ、脂肪の燃焼を促進させ、ダイエットにも効果がある、と言われています。

 暑い夏の日のバスタイム、どうしてもシャワーだけで済ましてしまいがちですが、私は毎日お湯をはってちゃんと湯船につかるようにしています。半身浴でゆっくりと長い時間お湯につかって汗をかいて・・・。暑い夏でもこうしてきちんとお湯につかって汗を流す方がいいそうです。特に日中は冷房などで夏でも体を冷やしてしまっている人が多いかと思います。(私もそうですが、年中冷え性なのです。)バスソルトは発汗作用を高め、新陳代謝を良くしますので半身浴には効果的なのです。今までオールドローズのバスソルトをずっと使用していましたが、この度せっかくなのでグレープフルーツの方も使ってみました。オールドローズのバスソルトはさらさらとしたお塩でほんのりとローズの香りがさりげなく漂い、さっぱりとした使い心地で今までずっと愛用していたのですが、グレープフルーツは大粒のお塩でこちらもほんのりですが甘い香りが漂い、1kg入りとたっぷりサイズですので大きなスプーンいっぱいに惜しみなく使っています。(お好みによるかと思いますが、大さじ2杯から3杯くらいが適量かなと思います。もちろんお湯の量にもよります。)入浴剤とはいってもお塩ですので、香りは本当にさりげなく漂う程度ですので気軽に使っていただけると思います。お風呂に入れるだけではなく、小分けにして小さな袋に入れて匂い袋としてクローゼットに入れてもいいですね・・・。

   

August 15, 2005

突然ですが・・・

今日もまた曇り空・・・。
私は暑さが苦手ですので、このまま涼しくなってくれるといいのですが・・・。

 さて突然なのですが、この度アルバイトを募集しようと思っています。現在店舗の方では私と主人が中心にお店に出ていますが、日曜、祝日とあと平日もたまにですがアルバイトの方にお手伝いに来ていただいています。アルバイトは現在2名いますがほぼ毎週、日曜を中心に出てきていただいている1名のスタッフが、この度デザイン関係の学校に行くための準備をする為、広島の方の実家に帰ることになりました。最初にアルバイトとして来てもらうことになった時に、いずれそういった方向に進みたいということは聞いていましたので、残念ではありますが、彼女のこれからの将来を応援してあげたいと思っています。9月末ごろまではお店にいられるとのことですので、9月中旬頃から彼女の代わりとして来ていただける方を募集したいと思っております。またホームページ上のTopicsや店頭での貼り紙などで詳しく募集内容をお知らせしようと思っています。お店の商品をとても好きと思ってくださる方、また接客が好きでお客様とお話をするのが好きという方が来ていただければいいな・・・と思っております。またご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。(なるべく早めにTopics及び店頭でお知らせをいたしますね。)

 先日はアイビーの写真でしたが、今回は・・・
オリーブの実オリーブの実2




 
 お店の入り口にある大きなオリーブの木です。お店をオープンすることになった時私の友人達が開店祝いにとプレゼントしてくれたものです。オリーブの畑から見つけてきてくれたそうなんですが、毎年こんな風に実をちゃんとつけてくれるのです。私はオリーブの木が大好きなので(お店の中にも小さいオリーブの木があります。)友人がいい枝ぶりのものを探してきてくれたのです。こんなに大きいものが届くと思っていなかったので、とてもビックリ!そしてとても嬉しかったです。今年もかわいい実をつけてくれました。また来年も実がついてくれますように・・・。  

August 12, 2005

8月の営業日について

 毎日暑い日が続いていますね・・・・。
今日の神戸は曇り空ですので、少しいつもよりは暑さもマシなのですが・・。世間では今日、明日あたりからお盆休みに入るのでしょうね。当店は昨年はこの時期お休みをいただいていたのですが、今年は頑張って8月は通常通り営業することにいたしました。お近くの方はもちろん、旅行や帰省などで神戸に来られることがございましたら是非お立ち寄り下さいね。(通常通り水曜日のみお休みとなります。)

 お盆を過ぎると涼しくなってくれるのでしょうか・・・。連日の暑さでお店のグリーン達も少しぐったり気味?のような・・。お店ではオリーブやアイビーを飾っているのですが、いつもお客様にこれがアイビー?と言われるものが・・・
 
アイビー 1アイビー 2




 
 お店の外にプランターに植えているアイビーがあるのですが、とても成長が早く放っておくとグングン伸びてくるんです。伸びてきたなー・・と思うとハサミで伸びてきた葉を枝から切るのですが、しっかりと葉のついたアイビーを捨ててしまうのも可哀そうですのでいろいろグラスに挿していたんですね。アイビーは水挿しでも根がつきますのでまたそこから成長して、こんな感じになりました。お店にはまだ他にも水に挿したアイビーがいくつかあります。アイビーはいくつか種類がありますが、一般的にはもう少し白っぽい葉のものの方が良く知られているのでしょうか?この写真のアイビーを見て、これって何の植物ですか?とよく聞かれるのです。アイビーですと答えるとびっくりされる方が意外に多かったのです。もし良ければ分けてもらえませんか?とおっしゃるお客様も今まで何人かいらっしゃいましたので、伸びてきたプランターの葉を切ってお譲りしていました。切り方にもよるのでしょうか・・・水に挿してもうまく根が付かずに枯れてしまう場合もあるので、なかなかこう見えて繊細なのです。1度ちゃんと根が付くと驚くほど丈夫なんですが・・。  

August 08, 2005

Cote Bastideの世界

コテの本



 
 
 南仏エクサンプロヴァンスのCote Bastide(コテ・バスティド)、当店ではキャンドルやソープ、フレグランス類などを中心に取り扱っていますが、実はインテリア小物に食器やリネン、家具なども揃え、トータルに生活雑貨全般を扱っているブランドなのです。そんなCote Bastideから1冊の本が出ました。自然の美容法のレシピ本のようなものなのですが、コテの商品も使いながら自然の素材もうまく取り入れて、とてもきれいな写真集のような仕上がりになっています。要所にコテの雑貨なども登場していますし、眺めているだけでCote Bastideの世界を堪能できます。クリエーターのマダム・二コル・オークによって監修された本ですが、本当に魅力的な1冊になっています。上の写真の本ですが、店内にディスプレイしていますので、是非手にとってご覧いただければ・・・と思います。

 そしてこちらは・・・コテのパンフレット




 

 今シーズンのCote Bastideのカタログとポストカードです。カタログはパンフレットのように薄いものですが、紙も上質で何といっても写真がとても素晴らしい!のです。コテの素敵な商品達を、どこか南仏の田舎の邸宅でしょうか、とても素敵な建物の中にディスプレイして、まるで洋書のような仕上がりになっています。カタログというより作品集のようですね・・・。こちらも見ているだけでうっとりとしてしまいます。こちらは店頭には出していませんが、ご興味があればお出しいたしますのでご覧になりたい方は是非お声をかけてくださいね。

 Cote Bastideは、商品はもちろんのこと、こういったカタログやポストカードにもとてもこだわりが感じられます。商品のパッケージもとてもかわいらしいですよね。お買い上げいただいたお客様はパッケージがあまりにかわいいので使うのがもったいなくて・・・とよくおっしゃっています。Cote Bastideは南フランスだけではなくパリにもショールーム兼ショップがあります。重厚感のある石造りの建物に、コテの商品たちがとても素敵にディスプレイされています。次回9月にパリに行きますが、滞在する予定のホテルがこのショップのすぐ近くになりますので、また久しぶりに訪れてみようかと思っています。もし写真を撮ることができましたらまたご紹介いたしますね。  

August 04, 2005

フランスのリネン その2

フランスのリネン(モニクさん)



 
 
 
 先日お話をしたパリのラ・クロワ・エ・ラ・マニエールのリネン製品を店頭に並べてみました。店頭に出すのは今週末くらいかな・・と思っていたのですが、昨日の定休日、他社の荷物の入荷があったのですが、頑張って作業を終わらせてリネン類の値付け、ディスプレイをしてみました。急いで作業をしたので雑然と並べただけ・・・となってしまいましたが・・。写真には写っていませんが、トートバッグなどもありますし、クッションカバーも(2段目の棚に置いている分です。分かりにくいですね・・。)もっとたくさん種類がございます。キッチンクロスもたくさん枚数がございますので、また是非見に来て下さいね。ホームページ用の写真も今日何枚か撮ってみました。全種類はご紹介できないかと思いますが、なるべくたくさん載せるつもりですのでまた更新をした際には是非覗いてみて下さいね。

 昨日値付けをしながら改めて商品を手にとってみたのですが、やっぱり肌触りがとてもいいです・・。生地もとてもしっかりしていて、モニクさんがこだわって生地を選んでいるというのがよく伝わってきました。何年でも長く使えそうです。是非この触り心地だけでも試していただければ・・・と思います。


   

August 02, 2005

フランスのリネン

フランスのリネンモニクさん





 フランスからリネンが届きました。
パリ11区にあるリネンとクロスステッチのお店 La Croix & La Maniere(ラ・クロワ・エ・ラ・マニエール)のリネン製品です。この春に出た雑誌フィガロのパリ特集や前田まゆみさんの本「白とナチュラルのソーイング」の中でもパリのおすすめショップとして紹介されていますので、ご存知の方も多いのではないかと思います。デザイナーのMonique(モニク)さんがアルザス地方を中心にヨーロッパ中を旅して見つけた上質なリネンを使ったキッチンクロスやクッションカバー、トートバッグや小物入れなどデザイン、質ともに本当に素晴らしいものばかりです。前回、パリに行った時にお店を訪れてモニクさんに直接お会いしました。お店の中は素敵なリネン製品がいっぱいでディスプレイもセンスが良く、ずっとうっとりしていました。実際リネン製品を手にとって、とても質が良くデザインも優れていて是非このリネンを当店でも取り扱いたいと強く思いました。その願いが通じてこちらのお店とお取引きをさせていただくことになりました。モニクさんは温厚でとても話しやすい方で最近日本の雑誌などでよく紹介されている為、日本からたくさんお客様が来てくれることを喜んでいらしゃいました。日本のお客様にはこの柄が人気よ、とアドバイスもしていただきました。ご自分の書いた本もプレゼントして下さいました。(モニクさんの写真が載っています。)全部フランス語なのがつらいところなのですが、頑張って辞書を片手に読みたいと思います。と言いながらまだ全然読めてませんが・・。ご本人はとても英語がお上手で、丁寧に商品の説明をしていただきました。


 商品が到着したばかりで、他の入荷などとも重なりバタバタとしていますが、なるべく早くお店に並べるようにしますね。(今週末くらいには・・。)ホームページでも新しくリネンのページを作って(Linen2というページを作ろうかと思っています)ご紹介したいと思いますので、もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。上質なフランスのリネン、早く皆様にご紹介したいです。