September 28, 2006

自然派のシャンプー&コンディショナー

アグロナチュラ シャンプー&コンディショナー





 今日はアグロナチュラシリーズのシャンプーとコンディショナーのお話をしますね。先日入荷したシャンプーとコンディショナーはアグロナチュラ農業組合のメーカーのひとつ、ビオリーブス社のものです。この製品も他の製品同様、イタリアで作られていますが、日本の気候、日本人の肌質、嗜好を考慮した、日本人向けの自然派製品です。

 完全無農薬のハーブを原料とした100%植物性で、危険な成分は使用されていない安全性の高い製品です。シャンプーはサボン草エキスといった天然の界面活性剤が使われていて、とても泡立ちが良く、さっぱりとした洗いあがりです。

 私も使っているのですが、使い始めた頃はシャンプー後、少し髪がきしむなあ・・と感じたのです。これはこのシャンプーに合成ポリマーが使用されていないからです。一般の市販のシャンプーに使用されている合成ポリマーは、髪のきしみを防ぐ役割がありますが、お肌には良くない化学成分です。髪のきしみが多少気になる使い始めの頃は、コンディショナーを少し多めに髪になじませ、少し長めに時間をおいてみて下さい。

 1ヶ月ほど使用して、髪の痛みが軽減してくると、髪や頭皮が変わり、髪に力が戻ってツヤツヤになってくるそうです。私もまだ使い始めたばかりなので、変化してくるのを楽しみに毎日使用しています。

 今はシャンプーもコンディショナーもノーマルヘア用で揃えていますが、パーマやカラーリングなどで、髪の痛みが気になる方の為に、ダメージヘア用もあるそうなので、こちらは次回から検討しますね。

 アグロナチュラの製品はお肌や環境に優しいだけでなく、パッケージの可愛らしさも魅力ですね。バスルームにチョコンと並べていると、とても可愛らしいんです。使い心地もとても気持ちが良いので、この製品を使うようになってから、毎日のバスタイムがとても楽しみになりました。  

September 25, 2006

アンティークレースの魅力

アンティークレースアンティークレース





 パリでは、蚤の市やアンティークショップなどで、様々なタイプのアンティークレースを見つけてきます。繊細なレースのドイリーや、コースターくらいの小さなサイズのレース、テーブルに広げられる大きめなレースのマットなど・・・。

 まあ、お値段も様々ですが・・・。蚤の市などで、とてもお手頃な掘り出し物を見つけることもよくあるのですが、パリのアンティークレースはやっぱり高いなあ・・・といつも思います。(ユーロも今、高いですしね)

 それでも、繊細なアンティークレースにはどうしても心惹かれてしまいます。アンティークレースアンティークレース




 

 アンティークのレースには、現行品とはまた違った独特の風合いがあります。時にはほつれていたり、小さなシミが付いていたりするものもありますが、それはそれで、味わいがあっていい表情になっていると思うのです。もちろん、あまりにも状態がひどいものは買い付けてきませんが・・・。アンティークレース




 
 
 こんなお花模様のレースも可憐ですね・・。今回は形も大きさも違った様々なレースをたくさん見つけてきました。もうお嫁に行ってしまったものも幾つかありますが・・。アンティークレースは買い付けてきても、すぐにお嫁に行ってしまうのです。きっと「これ、素敵!」と思うポイントはみんな同じなのでしょうか・・・。私がとても気に入って、手放したくないなあ・・と思っているものに限って、すぐにお嫁に行ってしまうのです。(とても喜ばしいことなんですけどね)

 さて、神戸阪急での出店も明日の火曜日までです。私はずっと岡本のお店に居たので、阪急の方にはほとんど顔を出せなかったのですが、明日の後片付けは手伝いに行こうと思っています。今回は本当に小さなスペースだったので、それほど商品数は多くなかったのですが、阪急閉店後(19:30)から一斉に片付け出すそうなので、少し大変そう・・・。(1Fの入口付近で行っていた為、普通のイベントスペースでの出店と違い、閉店ギリギリまで片付けが出来ないのです)

 なので、私も阪急の閉店時間より少し前に間に合うようにお店を出る為、誠に申し訳ございませんが、明日の火曜日のみ、岡本のお店は18時30分頃閉店させていただきたいと思っています。(いつもいつも、申し訳ございません・・・)18時30分までは、通常通り営業していますので、どうぞよろしくお願い致します。  

September 18, 2006

お知らせです

 9月20日(水)から9月26日(火)までの間、ハーバーランドにある神戸阪急1Fにて期間限定でお店を出すことになりました。1Fの小さなスペースに、3店舗ほど雑貨屋さんが集まったコーナーがあって、週替りで色々なお店が出店するそうです。当店以外にも大阪や芦屋のお店が一緒にそのスペースを共有しているので、とても小さなスペースになります。プチ店舗という感じになりますが、またお近くの方は良ければ覗いてみて下さいね。

 期間中、岡本の実店舗の方は通常通り営業していますので、よろしくお願い致します。ただ、明日19日の火曜日のみ準備の為、営業を18時までにする予定ですので、よろしくお願い致します。その他の曜日は通常通りの営業時間になります。

 神戸阪急の方はリネン類や布小物中心の品揃えになると思います。まだ全然準備できていないので、今慌てていますが・・・。今日も入荷や出荷でバタバタしてしまって・・・。先日お話したアグロナチュラのシリーズ、また別の商品も入ってきました。売り切れていたものも再入荷してきましたし、新しくリップクリームやシャンプー、ハーブティーなども・・。またこちらも後日ご紹介しますね!  

September 13, 2006

更新日について

 昨日お話していたAntique1の更新ですが、何とか明日14日の木曜日にUPできそうです。木曜日の営業時間内にUPすると思いますので、またお時間のある時にでもご覧いただけると嬉しいです。

 今月は来週から月末までいろいろと忙しくなる為、大急ぎで今週中に更新することとなりましたが、急いでの作業だったので、至らない点が多いかもしれません。何度も見直しはしていますが、もし見苦しい点がありましたら、お許し下さいね。また落ち着いたらパリの写真を整理して、TopicsもUPしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。  

September 12, 2006

次回のアンティークの更新について

カフェオレボウル





 今回買い付けた商品の中で、何点かピックアップしてHPのAntique1のページでご紹介したいと思っています。手持ちで持って帰っている商品は、もうすでに店頭に出している物もありますが、まだ表には出していなかった分も含めて、今週中にUPできれば・・と思っています。

 一応、14日(木)か15日(金)にUPできるように作業をすすめています。もう写真などは全て用意できているので、多分木曜日にはUPできるとは思いますが・・・。明日の定休日、お店には行くのですが、商品の入荷などでバタバタとしてしまいます。合間にHPの更新の作業をするつもりなのですが・・。明日、ある程度まで出来れば木曜日の営業時間内にはUPできるかと思いますので、また詳しいことは明日お知らせいたしますね。

 写真は今回ご紹介する予定のカフェオレボウルです。古びた感じのいかにもアンティーク、といった雰囲気のボウルなのです。ヒビやカケなどは、ほとんど見られませんが、全体的に薄い茶色っぽいシミがあって、使用感が出ています。でも汚いな〜という感じはなくて、返ってそれがこのボウルの古びたいい雰囲気を引き立てているような・・。

 形も可愛らしくて、私もお気に入りのボウルです。大切に自分の手で持ち帰ってきました。現地で直接買い付けた物は、あまり大量には持って帰れないのですが、それでも持てるだけは持って(リネン類やレース、ボタンや紙製品など、割れない物はスーツケースにパンパンに詰めて・・・)ボウルやお皿などの割れ物はいくつかのボストンバッグに入れて、手分けして機内持ち込みにします。

 その他の物は現地から配送していますので、到着までもうしばらくかかります。また到着したら、次はAntique2のページでご紹介しますね。それでは、今回のAntique1の更新は何とか明日頑張りますので、またはっきりした更新日は明日お知らせしますね。(実際に更新作業をするのは主人なのですが・・。私は写真とコメントを用意して、最後にチェックするだけなんです・・・)  

September 08, 2006

パリから戻って・・・

 昨日、無事にパリより戻ってまいりました。私達が訪れる前、パリはもうかなり涼しくなっていたはずだったのですが、やはり(予想通り)私達が到着した頃から、また夏が戻ったかのように暑くなっていました。

 私達より先に到着した人達は、「先日までとても寒かったんですよー。」と言っていたのですが、やはりパリの気候は変わりやすいようですね・・・。あまり厚手の服は持って行かなくて正解でした。でも早朝や夕方は比較的涼しく過ごしやすかったですし、(テラス席で食事をするのに、暑すぎず、寒くもなく最適な気温でした。)メトロやRERの中もそれほど不快でもなく、ちょうど良い気候だったと思います。

 今回も「メゾン・エ・オブジェ」で素敵な品々を見つけてきました。メーカーにオーダーした商品は入荷までしばらくかかりますが、今回は新しい取引先も見つかりましたし、なかなか充実した内容だったと思います。

 現地で買い付けた商品も大半は配送していますが、手持ちで持てる分は持って帰ってきていますので、また少しずつ店頭にも出していきますね。今回は陶器類や缶なども持ち帰っていますが、布物が本当に多いです。現地で作成したノートを見ながら、頑張って値付けをしていかなければ・・・。細かい物が多いので、ちょっと大変です・・・。またアンティーク商品の一部は、HPでもご紹介しようと思っていますので、もうしばらくお待ち下さいね。ブキニスト






 写真はセーヌ河岸のブキニスト(古本市)です。こちらのブキニストでは子供の絵本やコミックなどを専門に扱っていました。とても古い「ぞうのババール」の初版本が売られていましたが、日本円にしてなんと2万円!雰囲気のある素敵な絵本でしたが、手が出ませんでした・・・。そんなプレミア本ではなく、普通のババールの絵本も置いていましたので、何冊か買ってきました。その他にも可愛いフランスの絵本がたくさんありましたが、あまり時間がなく、ゆっくり見れなかったので残念です。

 また写真も色々と撮ってきましたので、ブログやTopicsの中でもご紹介していきますね。今回はアンティークショップやブロカントの店内の写真を多く撮ってきましたので、Topicsでまとめてみようかな・・・と思っています。どのお店のオーナーさんも快く撮影させてくれて、本当にMerci!でした。