November 27, 2006

ちょっとしたクリスマスプレゼント

 もう11月も終わりに近づいてきて、いよいよ冬本番ですね。お店のクリスマス商品も、まだ12月になる前ですが、毎日少しずつ売れていって、だんだん少なくなってきました。昨日は入口横のテーブルにディスプレイしていたアイアンのツリー(最後の一点でした)が売れたので、代わりに何かクリスマスっぽいものを、と探してみて・・スノーマン







 



 小さな可愛らしいスノーマンを飾ってみました。残念ながら、これは商品ではありませんが・・・。9月のパリの展示会で、取引をしているイタリアのメーカーの担当の方からいただいたのです。まだ9月でしたが、「ちょっと早いけど、クリスマスプレゼントに・・・」と渡されたのです。ちょっとした物ですが、何だか心温まる素敵なプレゼントですね。

 ここでは、いつもちょっとしたプレゼントをいただきます。以前の展示会では小さなラベンダーのアロマキャンドルを・・・、間もなくイースターという時期に注文していた商品が届いた時には、タマゴのような形をしたオブジェが荷物の中に入っていました。最初このイースターのオブジェ、何なのか分からず、スタッフと「何かのサンプルかなぁ?」と話していたのですが、イタリア語で「イースターのプレゼント」というメモ書きが入っていたので判明したのです。(イタリア語が最初理解できなかったのですが、ちょうどスタッフの知り合いでイタリアに昔住んでいたという方が、お店に遊びに来てくださっていたので教えていただきました)

 ヨーロッパの人達はこういった「ちょっとしたプレゼント」が好きです。いつも行くクリニャンクールのお店では「はい、これはあなたに。」と言ってアンティークのレースのドイリーを、また別のアンティークショップでは、小さなハットピンを頂いたりもしました。その他、ノートだったり、お菓子の型だったり、よく行くお店では、ちょっとしたオマケを付けてくれることが多いです。興味深そうに商品を眺めていると、「それ、気に入ったんだったらあげるよ。」とあっさり言われることも・・(ただし、安い商品の場合に限りますが)

 「ちょっとした物」でも「あなたにプレゼント」と言われると嬉しいものです。パリでお仕事をしていると、そんな嬉しいサプライズが多いので楽しいです。ヨーロッパの担当の方達は、日本のように堅苦しくなく、フレンドリーですしね。メールでのやり取りも最初は「Dear Ms.Ata」から始まっていても、何度かやり取りをしていくと、そのうち「Hello Miyuki」になってきますから・・・。

 さて、お店ではクリスマスのオーナメントも残り少なくなってきましたが、またこれからも少しずつですが、クリスマスっぽい商品も入ってきます。
 ミニリース






 先日入荷した小さなミニリース、キャンドルの周りに飾ると可愛らしいですね。こちらはSサイズですが、また少し大きめのMサイズも入ってきます。ただあまり数はたくさんありませんので、お早めに・・・。このリース、プレゼント用としてお買い求めになる方が多いんです。これも「ちょっとした可愛いプレゼント」になりますよね。  

November 24, 2006

アンティークのポストカード

アンティークポストカード





 パリの蚤の市で見つけた素敵なアンティークポストカードの数々・・・。新年やクリスマス、その他のお祝いの言葉が書かれたものが多いのですが、どれも本当にうっとりするような素敵なデザインです。

 消印が残っている使用済みのカードもあれば、未使用のカードもあります。消印を見てみると、たまに100年くらい前のものまで!私の祖母が生まれるよりもずっと前・・・ということになりますよね。そんなカードを見つけると感慨深いものがあります。

 当店では、オープン当初からずっとこのアンティークのポストカードを販売していましたが、カードのみの販売ではなく、ちょうどカードの雰囲気にピッタリ合う現行品のフレームとセットで販売していました。

 アンティーク風のフレームだったので、中のポストカードとも本当に良く合っていて、とても好評だったのですが、これからは中のポストカードのみでも販売することにいたしました。

 以前から、中のカードだけでも販売して欲しい、との要望が多かったこと、また以前フレームとセットでご購入いただいた方からも、季節によって中のカードを替えたいとの声もあって、カードのみの販売も行うことにいたしました。

 自分のお気に入りのフレームに入れて飾ってもいいですし、カードだけでも存在感がありますので、さりげなくポンっと置いて飾っても素敵ですね・・・。いつもパリでは時間をかけて、何十枚ものカードをじっくりと選んできます。気が付けば、カードを選ぶだけで数時間を費やして、腰がとても痛くなってしまったことも・・・。それ位、夢中になってしまうのです。 アンティークポストカード






 手描きの絵が美しいカードも・・・・。これはもうポストカード、というよりアート作品の域ですね・・・。パリで手描きのカードを見つけると、迷わず手に取ってしまいます。フレームに入れて飾ると、素敵な額絵のようになります。

 デザインが凝っているだけではなく、時を経てとてもいい風合いになって、どのカードも独特の雰囲気が出ています。最初にこのアンティークのポストカードを見つけたのは、パリのクリニャンクールのカード専門店でした。妹と二人でクリニャンクールを訪れた時、偶然見つけたお店だったのですが、二人で「何これ、可愛い〜!」ととても興奮したのを覚えています。

 それ以来、毎回パリを訪れる度に、このアンティークのポストカードを物色するのが楽しみのひとつとなっていますが、「これだけのカードが今もこんなに残っているなんて・・・」といつも感心しています。それだけカードや手紙を送る機会が多かった、ということを物語っていますね・・。  

November 18, 2006

アグロナチュラで冬の保湿対策

 11月も半ばを過ぎ、だんだんと寒くなってきて、近づいてくる冬の気配を肌で感じるようになりました。この季節、寒さだけではなく、乾燥にも悩まされる時期ですよね。

 私はあまり夏にはハンドクリームを塗らないのですが、この季節になると気が付けば手はカサカサになって、ひどくなるとヒビ割れてくることも・・・。なので、この時期にはハンドクリームは欠かせません。夜の就寝前や朝出かける時など、毎日欠かさず塗っています。ハンドクリーム






 アグロナチュラ、アントスシリーズのハンドクリームです。食用粘膜剤以外は、一切化学成分を使っていない、自然素材のハンドクリームです。鉱石ミネラル水、セイヨウオトギリソウが皮膚を引き締め、ラベンダー蒸留水、プロポリスが手肌を清潔にします。ブドウ抽出のポリフェノールが手肌にみずみずしさとはりを、蜜ロウ、コメヌカエキスなどが、皮膚と爪に潤いを与える、自然の治癒力で手肌をいたわるハンドクリームなのです。

 自然素材のハンドクリームは合成界面活性剤や乳化剤などが使用されていないので、使い心地が悪いかな・・・と思っていたのですが、そうでもなかったです。ベタベタし過ぎず、ほんのりとしたいい香りもして、私にとっては使い心地が良かったです。

 合成界面活性剤を使用していない為、皮膚バリアを壊すことがないので、安心して何度でも塗ることができます。メーカー側の説明によると、そのため通常のクリームよりは多少伸びが悪いかも・・・とあったのですが、私は別にそれほど伸びが悪いようには感じませんでした。お店にはテスターもありますので、是非店頭で試してみて下さいね。

 そしてこちらは・・・リップクリーム





 
 同じくアグロナチュラ、アントスシリーズのリップクリームです。完売していたのですが、再入荷してきました。当店ではレモンの香りのリップクリームを扱っています。こちらももちろん、合成界面活性剤やアルコールなどを使用していない自然派リップクリームです。

 レモンの清涼感とともに唇を乾燥から守り、キメを整えしっとり感と光沢感を保ちます。蜂蜜・蜜ロウをベースに各種ハーブをブレンドしていて、ほんのりとレモンのアロマが香り、とても良い使い心地です。

 同シリーズのはみがき粉もありますが、やはりオーガニックレモンのアロマの香りが心地良くて・・・。どちらも直接口に触れるものなので、化学成分が入っていないという点で、安心して使うことが出来ますね。

 アグロナチュラのシリーズ、その他にもシャンプー類やハンドソープなど、完売していたものが再入荷してきています。これからますます乾燥が気になるこの季節、お肌や環境に優しいアグロナチュラのシリーズで、私も髪や手肌をいたわっていこうと思います。  

November 11, 2006

次回Antique2の更新について

アンティークのバスケット





 先日船便でパリから届いたアンティークの中から、何点かピックアップして、11月13日の月曜日にAntique2のページでご紹介する予定です。今、まだ準備段階なので、詳しい時間帯などは分かりませんが、月曜日の営業時間内にはアップできるように頑張りますので、またお時間のある時にでもご覧いただければ、と思います。

 写真は今回ご紹介する予定のミニサイズのバスケットです。パリにあるヴィンテージ・ショップで見つけたものです。こちらでは、雰囲気のある古いバスケットを何点か見つけてきました。(もうお嫁に行ってしまったものもありますが・・・)

 このバスケット、お部屋にポンっと飾っておいても可愛いですし、ちょっとしたお出かけ用のバッグにしてもいいですね。ソーイングセットなんかを収納するのにもピッタリなのではないでしょうか?古びた感じがとてもいい味わいになっていて、最初に見つけた時、一目で気に入ってしまいました。

 今回はもうひとつ、クリニャンクールで見つけたとても雰囲気のあるバスケットもご紹介いたしますので、またよろしければご覧下さいね。では、また月曜日に・・・。  

November 10, 2006

今年も入荷ました

メタルのオーナメント





 昨年好評だったCote Bastideのメタルのオーナメントが、今年もまた入荷してきました。昨年はスターのタイプが一番人気だったので、すぐに売り切れてしまったのですが、今年は昨年よりは多く入ってきました。

 Cote Bastideのオーナメントもそうですが、当店のクリスマス商品はクリスマスが終わっても、一年を通して使っていただけるようにと選んでいます。なので、いかにもクリスマス!という感じのもの(サンタさんとかトナカイさんなど・・・)はないのですが、少し大人のクリスマスを演出できれば・・・と思っています。

 街もだんだんとクリスマスムードが高まってきていますね。他のお店のクリスマスディスプレイを見るのも結構楽しいです。皆さん色々工夫していますよね。この時期は一年で最も街が華やかになります。岡本では、毎年クリスマス時期に商店街組合主催の催しがあるので、また12月に入ると岡本ももう少し賑やかになりそうです・・。

 そろそろ自宅の方も飾りつけをしていかないと・・・。昨年はもみの木を買ったのですが、クリスマスが終わるとすぐに枯らしてしまって・・・。今までも、もみの木やゴールドクレストなど、何度か枯らしてしまっているのです。やっぱり針葉樹は難しいですね・・。  

November 06, 2006

フランスの「青」に惹かれて・・・

 私がパリに行く度にいつも思うことがあります。パリには(フランスには、と言った方がいいでしょうか)綺麗な青色が多いな・・・ということです。綺麗な・・と言っても鮮やかな、という意味ではありません。どちらかというとくすんだ青、少しグレーがかったような・・・。

 そんな微妙な色合いの青色を見ると、「ああ・・フランスの色だなぁ・・」と思うのです。フランス語で「青」は英語のblueとは少し綴りが違って、bleuと書きます。(uとeが入れ替わっているだけなんですけどね・・・)パリの街を歩いていると、そんな素敵なbleuをよく見かけます。アンティークショップ





 
 お気に入りのアンティークショップのウィンドーで・・・。ブルー系でまとめたディスプレイです。ブルーでまとめると落ち着いたシックな雰囲気になりますね。ブルーの門






 公園や広場の門や柵なども、パリでは青が多いような気がします。ワンちゃん立ち入り禁止の看板が可愛らしいですね。この看板、公園などではよく見かけます。

 そして私がよく滞在するホテルの近くには・・レストランの外観レストランの外観






 とても素敵な外観のレストランがあります。ここの前はよく通るのですが、「綺麗なブルーだなぁ・・」といつも見とれています。パリの街では、本当に至る所で「青」を見かけます。フランス人は青色が好きなのでしょうか・・?

 今回私が買い付けたアンティークの中でも「青」のものがいくつかありました。ソープディッシュ





 
深いブルーがとても印象的だったので、一目で気に入ったソープディッシュです。こんなくすんだ微妙な色合いのブルーは、日本の製品ではなかなか見られないですよね。

 そしてこちらも深いブルーの・・・TIN缶






 とても古いTIN缶です。ショコラのパウダーが入っていたようですが、昔の子供が朝食の時に飲んでいた栄養ドリンクの一種だそうです。ネスレの「ミロ」みたいなものなのでしょうか・・?缶のデザインももちろん気に入ったのですが、これもこの「青」に惹かれて一目惚れしたものなのです。

 そしてこちらは淡い色合いの・・・ホーローポット





 


 

 
 グレーがかった薄いブルーのホーローポットです。ホーローのポットやピッチャーはよく見かけますが、白いものが多いような気がします。このブルーのポットは一目見て、「これはまさにフランスの色!」と感じました。

 今回買い付けたものは、全体的にブルー系のものが多いような気がします。これからクリスマスシーズン、普通は「赤」なのでは・・?と思われるかも知れませんね。季節外れな話題でしょうか?この微妙な色合いの「青」を見ると、いつでもフランスを連想してしまうのです。私にとって季節を問わず、惹かれてしまう色なのです・・・。

 また今回届いたアンティークも準備が出来次第、何点かHPでご紹介しますね。もう店頭に出しているものもありますし、早速お嫁入りしたものも幾つかありますが、残りはまだ梱包材に包まれた状態で、裏にしまい込んだまま・・・。また少しずつ写真撮影をして、準備をしていきますので、もうしばらくお待ち下さいね。

 今回は先に現行品のオーナメントなどをHPにアップしています。こちらは季節モノなので、先にご紹介した方がいいかな?と思い、急いで準備をしました。アメリカから届いたオーナメント、店頭でもとても好評で、かなり数を入れたつもりだったのですが、もう売り切れてしまったものもあります。またよろしければ、Othersのページでご紹介していますので、覗いてみて下さいね。  

November 01, 2006

パリから届いたアンティーク

 今日は定休日でしたが、お店で作業をしていました。実は今日、アメリカのメーカーから商品がたくさん入荷してくる予定だったので、検品と値付けの作業をする為、午前中からお店でスタンバイしていたのですが・・・・。

 アメリカからの荷物が届く前に、なんと私がパリから送っていた荷物が届いたのです。パリからの荷物は、10月末くらいに着く予定だったのに、遅れているな〜とは思っていたのですが、まさか今日着くとは・・・・。パリからの荷物も結構大きかったので、ここで更にアメリカからの商品が届いたら、お店の中が大変な事に・・・。とりあえず大急ぎで中を開けて、検品をしました。

 今日は主人も別の仕事があった為、お店には私一人・・・。しばらくすると、FedExの車がお店の前に停まりました。アメリカからの商品が到着したのです。まだパリからの荷物も整理されていない状態だったにも関わらず、大きなカートンが次々と・・・。パリからの荷物も、アメリカからの商品も、待ち望んではいたのですが、同じ日に到着するとは思っていなかったので、かなり焦りました。しかも今日は私一人しかいないのに・・・。

 定休日で良かったです・・・。営業日だったら、大変だったと思います。大きな荷物がカウンターの周りを取り囲んでいたので、お客様の邪魔になったことでしょう・・・。まず、先にアンティーク商品の検品を大急ぎで済ませました。パリから買い付けたものは、検品後すぐに店頭に出せる物ばかりではなく、現地で買い付けたままの状態なので、まずお手入れが必要な物が多いのです。なので、すぐに全部店頭には出せないので、とりあえず出せる物だけ店頭に出しました。残りは裏の倉庫に押し込んでいるので、また少しずつ準備をして店頭に出していきますね。またその中から何点かピックアップをして、HPでもご紹介しようと思っていますので、もうしばらくお待ち下さいね。

 今回は・・・アンティークバスケット






 可愛らしいアンティークのバスケットをいくつか見つけてきました。重い陶器類と一緒に送ったので、破損していないか心配でしたが、何とか無事だったようです。他の商品の写真も撮れば良かったのですが、ごめんなさい・・今日はバスケットを撮るだけで精一杯でした・・。今回届いた物は、カフェオレボウルやプレート類、ホーロー製品や、古いTIN缶など・・・。写真のバスケットたちも、まだかなりお手入れが必要なものがありますので、すぐには店頭に出せないのですが・・。

 アメリカからの荷物も、今日ある程度整理は出来たものの、まだ大きなダンボールが少し残っています。明日は主人も来ますし、アルバイトのスタッフも来てくれる日なので、何とか片付けられるといいのですが・・・。明日の木曜日、お店に来られたお客様には、少し見苦しいかもしれませんが(カウンター周りがゴタゴタしていると思います・・・)お許しくださいね。

 こちらのメーカーからは、クリスマスに向けてオーナメントやリース、キャンドルホルダーなど色々届いています。特にオーナメントがとても可愛らしいんですよ。こちらも、また落ち着いたら後日ご紹介しますね!