May 29, 2007

オリーブの花が・・・

オリーブ





 お店の入口横にある大きなオリーブの木、オリーブが大好きな私のためにお店のオープン時に友人達がプレゼントしてくれたものですが、今年もたくさんの花を咲かせてくれました。

 年々、大きくなっていくこのオリーブ・・・、日当たりがあまり良くなかったせいか、それとも水分不足だったのか(とても大きな木なので、水遣りの時はかなりたっぷりのお水が必要なのです)、一時期は枯れかかったこともあったのですが、何とか持ちこたえ、今は元気な姿になっています。

 お花が咲いてしばらくして、夏から秋にかけて、いつも可愛らしい実を付けてくれるのですが、今年もちゃんと実がなるのでしょうか・・・?昔の記事でも書いたことがありますが、このオリーブの木、毎年たくさんの実を付けてくれるのです。

 お店に来られるお客様や、通りすがりの方達からも「どうやって、こんなに上手に実を付けられるのですか・・?」とよく訊かれるのですが、特に何もしていないんです・・・。オリーブが実を付けるには、種類の違う別のオリーブの木が近くにあること、というのが条件になるのですが、お店の中の入口付近にあるもう1本の小さなオリーブの木のおかげなのでしょうか・・?それともご近所でお庭にオリーブの木を植えていらっしゃるお宅が多いので、その為なのでしょうか・・?

 今年はいつもよりお花もたくさん咲いたので、実もたくさんなればいいなぁ・・と思っています。主人も「今年はオリーブの実を収穫しよう!」とはりきっていますので、今から楽しみなのです。「ちゃんと実を付けてね。」と毎日(オリーブに向かって)話しかけています。近所のお花屋さんで聞いたのですが、グリーンやお花にも声をかけてあげるのって大切なことだそうですよ。昔、オリーブが枯れかかっていた時期に、お水をあげたり、お手入れを色々しながら「頑張って!」と毎日話しかけてあげていたら、元気になったので・・。

 そう、実といえば・・・ミニリースミニリース






 昨年、クリスマスの時期に入ってきて、とても好評だった可愛らしいミニリースが久しぶりに入荷してきました。何だかこのリースも色合いや形がオリーブの実みたいだなぁと思いませんか?以前はクリスマス時期だった、ということもあって、入荷してすぐに売り切れてしまったのですが、その後もお問い合わせが多かった商品なのです。

 当店ではクリスマスだけでなく、一年中飾れるようなリースをいつも入れるようにしていますが、このミニリースは久しぶりの再入荷です。ただ、前回はSサイズとMサイズの2種類の大きさが入ってきていたのですが、今回はSサイズのみとなります。でも前回はあっという間になくなってしまったので、今回はかなりたくさんの数をご用意しました。そのまま置くだけでも可愛いですし、壁に飾ったり、写真のようにキャンドルホルダーのように使ってもいいですね・・。

 新商品も入ってきていますが、今回は久しぶりに再入荷したものが色々あります。↑のように、HPには掲載していないものもありますが、HP上で長らくSold Outだった商品も何点かは入ってきていますので、またチェックしてみて下さいね。  

May 19, 2007

Cote Bastideのレターセット

 今まで何度かフランスの上質な紙製品についてお話いたしましたが、今日も素敵な紙製品についてのお話を・・・。レターセットレターセット






 Cote Bastideのとても素敵なレターセットです。まるで和紙のような質感のシンプルな便箋とモノグラム入りの封筒、それぞれ10枚入りでワンセットになっています。モノグラムがポイントになっている封筒は、とても趣きがあってそのまま飾っておいても絵になりますね・・。

 こんな素敵な便箋と封筒でお手紙を受け取ると、とても嬉しいですね。私だったら、こんなお手紙を受け取ったら、そ〜っと丁寧に封筒を開けて、大事に取っておきたくなります。

 このレターセットが入っている紙のケースも素敵なのです。レターセットレターセット






 同じ和紙のような上質な素材の大きめの封筒の中に、便箋10枚、封筒10枚が入っています。この大きいサイズの封筒にもモノグラムが・・・。レターセットを使い終わった後も書類入れとして使えそうですね。

 フランスの紙製品は、本当に素敵なものが多いですね・・・。(・・っていつも言っていますね)紙だけではなく、文房具も素敵なものが多いんです。パリの街中には、紙製品の専門店や、こだわりの文房具店が多いので、紙好きさんや文房具好きさんには、きっとたまらないことでしょう・・・。  

May 14, 2007

Edith Mezardのミニキャンドル

アルミBOXキャンドルアルミBOXキャンドル





 今日は先日入荷したEdith MezardのアルミBOX入りのミニキャンドルをご紹介いたします。

 Edith Mezard(エディット・メザール)は、南仏プロヴァンスのリネン職人で、本国フランスでは、手刺繍リネンやオーダーメイドのリネン作品などで非常に有名な方なのです。彼女の手がけるブランドの商品の中にはリネン製品だけではなく、彼女の感性で選ばれた様々な香りの製品もあります。

 こちらのアルミBOXキャンドルは、ローズの香りとオレンジの花の香り、どちらも洗練されたフランスの香りがします。実はこのシリーズ、Cote BastideがEdith Mezardの為に作ったキャンドルなのです。なので、BOXの裏にはCote Bastideのロゴが・・。

 実は、Cote Bastideのオーナーのマダム・ウークとEdith Mezardはとても親しい間柄なんだそうです。なので、このキャンドルのように、Cote BastideがEdith Mezardの為に作った香りの製品(リネンウォーターなど)が他にもいくつかあるそうです。

 このアルミBOXキャンドル、Cote Bastideのキャンドルの香りが好き!という方でしたら、きっと気に入っていただけると思います。Cote Bastideが手がけているEdith Mezardのキャンドルは、このアルミBOX入りのシリーズのみで、その他のキャンドル類はEdith Mezardが独自で作っているそうです。

 アルミのBOXに入っているので、携帯にも便利ですね。お出かけやご旅行の際に、自分のお気に入りのキャンドルを持って・・・というのも素敵です。可愛らしいパッケージですので、プレゼントなどにもいいですね・・。

 今、店内は様々なフランスの香りでいっぱいです。今回入ってきたEdith MezardのアルミBOX入りの香りのキャンドル、Cote Bastideのフレグランス製品、Mathilde.Mの香りのオブジェやサシェ達、その他にもマルセイユの香りのソープやアルザスのラベンダーのサシェなど、香り製品に関してはフランスの物が多いのですが、色々な香りがあるにも関わらず、お互いに邪魔にならずに上手く調和しているような気がします。

 よく、お客様から「このお店の香りは何ですか・・?」と訊かれるのですが、私自身も今ではよく分かりません・・。色々な香りがミックスされていると思いますので・・。でも「このお店の香りはとてもいい香りですね。」といつも何人かのお客様に声をかけていただいているので、とても嬉しいです。

 さて、最後に定休日についてのお知らせです。当店では今まで水曜日を定休日とさせていただいていましたが、しばらくの間、水曜不定休として、月に何度かは水曜日もオープンしようと思っています。まだちゃんと決定したわけではありませんが、いつも定休日でもお店で作業をしていることが多いので、せっかくなので何日かは開けようかと・・・。

 とりあえず今月は23日の水曜日のみ休ませていただいて、16日(水)と30日(水)はオープン致します。水曜以外は通常通りの営業ですが、水曜日の休みに関しては、これからは月初めにHPのShopのページでご案内しようと思っています。隔週くらいの割合でオープンできれば・・と思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。  

May 09, 2007

パリの古着屋さん

 今日は久しぶりにパリのお店のお話を・・・。パリには数多くの古着屋さんがありますが、その中でも私がお気に入りのお店が何軒かあります。今日はその中から1軒の可愛らしい古着屋さんをご紹介いたします。

 パリ9区、地下鉄Anvers駅の近くに・・・Mamie






 こんな可愛らしい外観の古着屋さん「Mamie」があります。私がパリに来る度、よく訪れるモンマルトル界隈からも歩いてすぐなので、このお店の存在はかなり前から知っていましたし、このお店の前も何回か通ったことがあったのですが、いつも閉まっていることが多く、なかなかお店がオープンしている時間帯にここを訪れる事が出来ませんでした。昨年の秋、モンマルトルに来たついでにこちらの方まで足を延ばしてみたのですが、運良く開いていたので、やっとお店の中に入ることが出来たのです。

 お店の中は・・・MamieMamie






 50年代から70年代くらいの古着が所狭しと並んでいます。かなりたくさんの数の服がキュウキュウに押し込められているので、この中から自分の気に入ったものを見つけるのは、かなり困難なのですが、まるで宝探しをしているような気分になります。頑張ればかなりのお値打ち品がお手頃価格で見つかるかも・・・。古着屋さんの定番(?)のバーバリーのトレンチもたくさんありました。

 洋服だけではなく、アクセサリーや靴、そして雑貨類やインテリア小物などもあります。私はここでアンティークのバスケットや、デッドストックのブローチなどを見つけました。個性的なデザインの物が多いのですが、交渉次第で結構安くしてもらえますので、かなりお買い得なお買い物が出来ました。
Mamie





 帽子だけでも、ご覧のようにかなりの数が・・・。「何だ、これは!?」と思ってしまうようなデザインの物もあるのですが、これだけたくさんあると、中には掘り出し物も・・。店内の商品をくまなく見るのには、かなり時間がかかると思いますが、めずらしくて面白い物も見つかりますので、楽しいと思いますよ。

 パリにはこの他にも街中至る所に古着屋さんがあります。個性的なショップが多いのですが、フランス人の古着のサイズは、比較的日本人にも合いやすいと思いますので、意外と使える服が多いのです。お値段もお手頃なものが多いので、パリ滞在中に「肌寒いから、ちょっとした上着があればいいなぁ・・」とか「ホテルの部屋で着る部屋着の枚数が足りないなぁ・・」なんて思った時には、まず古着屋さんを覗いてみます。いつでもいい物が見つかるとは限りませんが、一見ガラクタばかり?と思えるような中からお気に入りの1枚になる物があるかも・・・と思いながら、いつも宝探しを楽しんでいるのです。  

May 03, 2007

ブルーグレーの小物たち

 まず最初に、3周年記念プレゼントですが、おかげ様で昨日で全てプレゼントが無くなりましたので、終了とさせていただきます。本当にありがとうございました。

 今までも、1周年、2周年とプレゼント企画を行ってきましたが、また機会があれば、その他の行事でも(例えば、クリスマスとかパリ買い付けお土産プレゼントとか・・)この様なプレゼント企画ができれば・・と思っています。ささやかな事しか出来ませんが、また皆様に喜んでいただけるような企画が出来れば良いなぁ・・と考えていますので、よろしくお願い致します。

 さて、今日はまた色についてのお話を・・・。最近、パリで買い付けてくるアンティーク小物は、特に意識しているわけでは無いのですが、ブルー系のものが多いような気がします。ずっと前にもお話したような気がするのですが、ブルー、と言っても少しグレーがかった、くすんだようなブルー、そんな色の小物をパリではよく見かけます。アンティークバスケットアンティークバスケット






 例えば、この小さなアンティークのバスケット、子供が持つのに丁度いいくらいの大きさの可愛らしいバスケットです。バスケットの形もとても可愛いのですが、私が特に気に入ったのが、このブルーグレーの布の色です。鮮やかなブルーでもなければ、パステルのような淡いブルーでもない、この何ともいえない微妙な色合いが私の好みなのです・・・。

 そしてこんな小さいBOXも・・・アンティークの薬箱






 こちらは、アンティークの薬用のペーパーBOXです。とても小さい箱ですが、こちらもくすんだ綺麗なブルーグレーの色に惹かれました。

 ホーローの缶にも、ブルーグレーが・・・Sucre缶Sucre缶






 こちらは、アンティークのSucre(お砂糖)缶ですが、このラインの部分・・よく見ると、ブルーのラインの上にうっすらとグレーのラインが・・。こちらは、ブルーグレー、と言うよりはブルーXグレーと言った方がいいかも知れませんね。シンプルなデザインですが、こんなちょっとした所にこだわりが感じられます。

 その他にもボタンや布物、紙製品など・・・店内にあるアンティークにはブルーグレーの色合いの物が多く見られます。私が個人的に好きな色なので、自然と多く集まるのでしょうね・・・。もちろん、買い付けてくるのはブルー系の物ばかりではありませんが、このくすんだ色合いのブルーグレーの小物を見つけてしまうと、ついつい連れて帰らずにはいられなくなってしまうのです・・・。