September 24, 2007

Sewingのページも・・・

 先日お話していましたが、明日25日(火)の営業時間内に、Antique1のページに商品を少し追加いたします。今回買い付けてきた商品で、これからHPでご紹介する予定の商品は、まだまだありますが、これから何回かに分けて少しずつご紹介していきますね。

 ただ、今後HPに掲載する予定のアンティーク商品につきましては、まだ撮影もしていない状態ですし、アンティーク以外の商品も今後ご紹介していく予定ですので、これから先のアンティークの更新は、もう少し先になると思いますのでご了承ください・・。次回更新はまだ未定ですので、「次回の更新時までお取り置き」というご注文は、申し訳ございませんが、お受けいたしかねますので、ご了承くださいませ。

 とりあえず、小さい物から少しずつ撮影していっていますので、今回Antique1のページ以外に、Sewingのページにもアンティークのソーイング小物を少し追加する予定です。

 以前にお話した「Maison Sajou(メゾン・サジュー)」の商品は、また別に新しいSewingのページを作成して(多分また1と2に分けると思います)、後日ご紹介しようと思っていますので、もうしばらくお待ち下さいますよう、お願い致します・・。
アンティーク糸巻き





 今回Sewingのページに追加するのは、アンティークボタンや、モチーフ、糸巻きなどです。今回の買い付けでは、HP掲載商品以外にも、可愛いアンティークのハサミや、針セット、糸巻き、レースなど色々見つけてきましたので、また店頭でもご覧下さいね。  

September 20, 2007

パリからの荷物が届いて・・・

 先日、パリから送った荷物が届きました。今回は航空便でしたので、やはり早かったです。すぐ到着するから・・・と、普段はスーツケースに詰め込んで持って帰っていた小さな物も、今回は配送の荷物の中に結構たくさん入れていました。

 配送した荷物の中には、カルトナージュのソーイングBOXや、TIN製のキャニスター、石鹸用のBOXなど、少し大きめのBOX類が多かったので、空っぽで送るのもスペースが勿体無いなんて思ってしまって、BOXの中に色々と細かい物を詰め込んでしまったのでした。(重量が重くなれば、送料が高くなるので、無理に詰め込まなくても良かったのですが・・・)

 買い付け直後、「今回はアクセサリー類は買い付けてこられなかったのですか?」と何人かのお客様からお問い合わせがあったのですが(いつもはアクセサリー類は手荷物で持って帰っていたので、すぐにお出ししていたのです)、全て無事に届いていますので、少しずつ店頭に出していきますね。

 今回は100年ほど前の古いブローチもあれば、1940年代〜50年代くらいのデッドストックのアクセサリーも・・・。ブローチ類が多いのですが、またいつもとちょっと違う系統のものもありますので、是非見に来て下さいね。今回はアクセサリーと一緒に古いシャンデリアのパーツもいくつか並べていますので、少しアクセサリーコーナーもいつもと違った雰囲気になっているかな、と思います。

 その他の陶器類や雑貨類も、用意できたものから順番に出していきますね。あと、少しずつですが、HP用の写真も撮影していこうと思っています。HPの更新についてですが、帰国後、少しバタバタしてしまって、まだ買い付けた商品も全て整理できていない状態ですし、また今週末も商品の入荷があったりと、なかなかまとめて撮影をすることができません。

 なので、少しずつ商品をピックアップして、撮れるものから撮っていき、小出しに少しずつUPしていこうかな・・と思っています。いつもは、ある程度まとめてアンティークのページを更新していたのですが、今回からは、2,3アイテムずつ、分けてUPしていこうと思っています。

 まず、最初の更新は連休明けくらいに出来れば・・と思っています。少しずつのUPになりますが、また次々と追加してUPしていく予定ですので、またアンティークのページをチョコチョコ覗いて見てくださいね。あと、ソーイング小物も商品が色々入ってきていますので、Sewingのページも少しずつUPしていく予定です。レース柄ミニボウル







 
 
 まず最初はAntique1のページから更新する予定です。今、アンティークのページはAntique1とAntique2に分かれていますので、少し整理をして、Antique1はお皿やボウルなどの食器類、Antique2はその他のアンティーク雑貨、という風に分けようかな・・と考えています。

 写真は今回更新する予定のミニサイズのレース柄のボウルです。手のひらにチョコンと乗っかるくらいの小さな可愛らしいボウルです。今回の買い付けでは、ミニサイズの可愛いボウルが多かったので、その中から2,3アイテムほどピックアップしてご紹介しようと思っています。少しだけのご紹介になりますが、連休明けくらいにUP出来るよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。  

September 17, 2007

Maison Sajouのお話

Maison SajouMaison Sajou







 先日、少しお話をした「Maison Sajou(メゾン・サジュー)」について、今日はもう少し詳しく説明をしたいと思います。手芸好き、アンティーク好きの方は、もう既によくご存知ではないでしょうか?最近、日本でもこの「Maison Sajou」のアイテムはとても人気がありますよね。

 「Maison Sajou」はもともと、1800年代に設立された手芸用品や、刺繍の図案集を数多く販売していた会社です。100年以上続いた伝統ある会社だったのですが、残念ながら、1954年に閉鎖してしまいました。しかしその後も、当時販売されていた手芸用品や刺繍の図案集は、コレクターズ・アイテムとして、蚤の市などでアンティーク収集家たちの人気を集めていました。

 そのサジュー・アイテムの収集家だったフレデリック・クリスタン・ビエさんが、2005年に「Maison Sajou」を復活させて、数々のアンティークの手芸用品や、図案集の復刻版を発表したのです。当時のデザインを忠実に再現して作られた、ハサミや、糸巻き、針セットや図案集など、どれも本当に素晴らしいものばかりです。

 私は、今回の渡仏で、復活した「Maison Sajou」のオフィスを訪ねる為に、ヴェルサイユまで足を延ばしました。そう、前にパリの郊外を訪れる、という話をしていたのは、ヴェルサイユのことだったのです。郊外と言ってもそんなに遠くはないですよね・・。

 でもRER(高速郊外鉄道)に乗って、終点の「ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅」まで行き、いつもと違う風景の街に降り立ち、ちょっとしたプチ旅行気分でした。RERには、いつも見本市会場に行く時にも乗りますが、全く違う路線ということもありますし、全然違う気分でした。

 「Maison Sajou」の現オーナーのフレデリックさんは、とても気さくで、そしてフランス人とは思えないほど(失礼!)きちんとして、几帳面な女性、という印象でした。お会いするまで、何度もメールでやりとりをしていて、そのきちんとしたお人柄は想像できていましたが、実際にお会いした時も、とても丁寧、親切に商品の説明をしていただき、そして彼女が昔集めていたアンティークのサジューのお宝アイテムまで見せていただきました。

 「私が初めてこのアイテムを集めだしたのは、18歳の時、もうン十年も前の話よ〜」と笑いながら話してくださいました。日本での取引先もとても多く(オフィスのドアにフランスの国旗と並んで日本の国旗が掲げられていたのが、印象的でした)、日本で新しいサジューのアイテムがとても人気があるということを喜んでいらっしゃいました。

 今回、仕入れてきた「Maison Sajou」のアイテム達、一部配送しているものもあるので、まだ全商品は揃っていませんが、持ち帰ってきた商品は、すでにお店の中に小さな「Maison Sajou」のコーナーを作ってディスプレイしています。素敵なデザインの図案集やポストカードは、インテリアアイテムとして、手芸ファン以外の方にもおすすめです。またこれらのアイテムは、HPのSewingのページでもご紹介しようと思っています。HPにUPするのはまだしばらく先になるとは思いますが、またUPした際には、是非ご覧下さいね。

 今回、せっかくヴェルサイユまで来たのだからと、ヴェルサイユ宮殿の方にも行ってみました。サジューのオフィスは宮殿のすぐ近くでしたので、納品書や商品を用意してもらっている間に行ってきました。ヴェルサイユ宮殿を訪れるのは本当に久しぶり!私は2度目のヴェルサイユでしたが、一緒に行った母はもう4度目でした・・・。今回は宮殿のお庭だけしか見てこなかったのですが、少し写真も撮ったので、また機会があれば、ヴェルサイユ宮殿のお話もいつかしたいと思います・・。

 <追記>
 パリお土産プレゼントは、本日(9月17日)プレゼントが全てなくなりましたので、終了させていただきました。ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。  

September 13, 2007

パリのお土産プレゼント

 昨日お話したパリのお土産プレゼント、早速本日よりご来店や通信販売で2,000円以上お買い上げいただいたお客様にエッフェル塔のキーホルダーか、奇跡のメダイユをプレゼントさせていただいています。

 昨日は詳細をお話していなかったので、今日はもう少し詳しくお話しますね。エッフェル塔のキーホルダー









 

 こちらは、エッフェル塔のキーホルダー。以前にも何回か通販のお客様には、おまけプレゼントとして差し上げたこともあるのですが、いつもと少しだけですが、デザインは違います。こちらはパリ土産の定番ですが、エッフェル塔グッズは根強い人気がありますね。こちらはたくさんご用意していますので、まだしばらくは大丈夫だと思いますが、なくなり次第終了いたしますので、ご了承下さいね。

 そして今回はもうひとつ・・・奇跡のメダイユ










 パリのデパート、ボン・マルシェの裏手にあるとても小さな教会「シャペル・ノートルダム・ドゥ・ラ・メダイユ・ミラクルーズ」(「奇跡のメダイユ教会」と日本ではよく呼ばれている教会です)で販売している小さな小さなメダイユです。

 こちらのメダイユは、奇跡のメダイユとか不思議のメダイユなどと呼ばれていて、日本でも有名になったことがありましたね。実は私はもうかなり前からパリに行く度、この教会を訪れて、礼拝堂でお祈りをして、その帰りにいつも教会に来たしるしにと、いくつかメダイユを買って帰っていたのです。

 私はカトリック信者ではありませんが、お正月には初詣に、十日戎にはえべっさんにお参りに行く(一応、商売人ですから・・)ようなもので、パリに来たら必ずする習慣のようなものになっています。この教会で、家族のことや、仕事のこと、あと旅を無事に終えられますように・・・といつもお祈りをするのですが、ここに来ると本当に落ち着くので、忙しいスケジュールの時でも、何とか時間を見つけて、必ずいつも訪れるようにしています。

 渡仏の度に訪れていますので、少しずつしか購入していないメダイユも、気が付けばかなりたくさん集まっていました。私や主人や娘は、もうそれぞれ複数いろいろな種類のメダイユを持っていますし、お友達やキリスト教関係の知り合いなどにあげたりもしていたのですが、さすがに毎回訪れていると、数もどんどん増えてきました。

 なので、今回こちらのメダイユもプレゼントとしてお客様に差し上げることにしました。正直、こちらは宗教色の強いアイテムなので、殆どの方がエッフェル塔の方を選ぶだろうな・・・と思っていたのですが、今日から始めてみてビックリしました!殆どの方がこちらのメダイユの方を選んでいかれたのです。 

 なのでこちらのメダイユ、実は今日でほとんど無くなってしまって、残りわずかとなってしまいました・・・。今、お店にある分はほんの少しだけですが、パリから配送している荷物の中にも、もう少しだけ入っています。なので、また他の商品と一緒に来週あたりに届くと思いますが、それもそれほど多くはありません・・。

 意外にも多くのお客様がメダイユに興味を持っていただいて、嬉しいです。こちらは、ファッションアイテムというより、お守りとして大事に使っていただけるといいな・・と思っています。

 もうメダイユは残り少ないですが、もともとエッフェル塔のキーホルダーはたくさんご用意していたので、しばらくはプレゼント企画を続けて行いますので、また皆様、是非ご来店くださいね。ご来店のお客様はその場で選んでいただいていますが、通販のお客様は、特にリクエストが無い限り、エッフェル塔の方をプレゼントさせていただいています。本当にささやかなプレゼントではありますが、皆様に喜んでいただけると嬉しいです。  

September 12, 2007

9月のパリ

 本日、無事にパリより戻ってまいりました。午前中には、お店に着いていたので、いつものように、荷物の整理をしたり、店内の掃除をしたり・・・とバタバタとしていました。今日作業中、何人かのお客様が「もう、開いているんですか・・?」と覗いてくださったのですが、荷物が散乱していて、店内がお見苦しかったことと思います・・。お店は明日13日よりオープンいたしますので、またどうぞよろしくお願い致します。

 通販業務も明日より再開いたします。ご入金いただいて、発送をお待ちいただいていたお客様も何名かいらっしゃいましたが、また明日以降、発送業務も行っていきますので、もうしばらくお待ちくださいますよう、お願い致します。

 9月のパリは・・・セーヌ川






 暑くもなく、またそれほど寒くもなく(朝方、少し肌寒い時もありましたが、歩いているうちにすぐ暖かくなるくらいの心地よい気温でした)とても過ごしやすかったです。毎日お天気もよく、久しぶりに快適なパリ滞在でした。上の写真はセーヌ河の風景です。セーヌ河の写真は何度も撮っていますが、何度見ても「いいな〜」と思う風景なので、ついついカメラを向けてしまいます。

 小さい写真ですが、右手に見えるのがシテ島のノートルダム寺院です。今回滞在したのが、シテ島のお隣の小さな島、サン・ルイ島でしたので、このノートルダム寺院からは、歩いてすぐの距離だった為、毎日のようにノートルダム寺院の横を通りました。またサン・ルイ島やその近辺の写真を何枚か撮ってきましたので、後日HPのTopicsのコーナーでご紹介しようと思っています。

 今回、アンティークでは、お皿やボウルなどの他、素敵なレースや紙モノをたくさん見つけてきました。レース類は小さめのドイリーが多いのですが、こちらは全て手荷物で持ち帰ってきていますので、用意できた物から少しずつ店頭に出していきますね。

 紙モノでは、今回、100年ほど前の古い刺繍新聞や楽譜など、とても趣きのある商品を見つけることが出来ました。これらは非常に古く貴重な物ですので、スーツケースの中でグシャグシャになっては困ると思い、配送する荷物の中に入れました。今回は航空便で送っていますので、1週間ほどで到着する予定です。また到着した際には、ブログでもご紹介いたしますね。

 展示会でも、素敵なレースのメーカーで、色々なレース商品をオーダーしてきました。こちらのレース商品は現行品ですが、アンティークレースのデザインをモチーフにして、ひとつひとつハンドメイドで作られていますので、とても美しく、アンティークのレースに劣らない商品だと思います。こちらは、オーダーしてからメーカーで用意するまで、しばらく日数がかかりますが、到着が本当に楽しみです。

 展示会でお取引をしたその他のメーカーも、用意されてからこちらに届くまではしばらくかかりますので、アンティーク以外の現行品の商品は、10月半ばから11月頃にかけて徐々に入荷してくると思います。

 展示会以外では、もうひとつ現行品の手芸メーカーの商品も仕入れてきています。ご存知の方も多いと思いますが、アンティークの手芸用品の数々を復刻させた「Maison Sajou(メゾン サジュー)」の素敵な手芸用品やカード、図案集などを仕入れてきています。こちらの商品は全てオーダーしてその日のうちに用意してもらいましたので、何点かは持ち帰っています。残りは配送の荷物の中に入れていますので、商品が揃ってから、またHPでもご紹介しようと思っています。

 明日は久しぶりのオープンですので、荷物の整理などに追われてバタバタするかもしれませんが、また皆様のお越しをお待ちしています。今回パリのお土産プレゼントもご用意しています。明日13日より2,000円以上お買い上げのお客様にエッフェル塔のキーホルダーか、または奇跡のメダイユ(どちらも数量限定になります)をプレゼントさせていただきます。どちらも写真がまだ用意できていないので、詳細はまた後日お話いたしますが、とりあえず、明日よりスタートいたしますので、また是非ご来店下さいね。   

September 04, 2007

明日からパリに行ってきます

 明日から買い付けの為、パリへ行ってきます。パリは今年の夏、とても涼しかったようで、今ではもうすっかり秋の気候になっている、と聞いています。ただ、ネットでパリの週間天気予報を見てみると、今週から少し気温も上がってきているようです。日中は少し暑くなるかもしれませんね・・。この時期、本当に気候が読めないので、着替えなどを用意するのが難しいです・・。

 私が不在の間(9月5日〜12日)は、お店は臨時休業になります。通信販売業務は昨日より休ませていただいておりますが、実店舗、通販ともに13日(木)より通常通り営業いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

 メールでのお問い合わせ、ご注文なども、お返事を差し上げるのは13日以降になります。主人が代わりにお返事を差し上げることがあるかもしれませんが、基本的にはお問い合わせ、ご注文などのお返事は13日以降になりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 また帰国後、皆様に色々とお話が出来ればいいな・・と思っています。可愛くて素敵なもの、たくさん見つけて来れるよう、頑張りたいと思います。では、行ってまいります!