September 24, 2010

Antique2の更新について

 昨日、今日と本当に寒くなりましたね〜。急に寒くなったので、皆様体調崩されていませんか?秋花粉のせいか、私は少し鼻の調子が悪いです・・。

 さて、次回のアンティークの更新についてのお知らせです。次回の更新では、ロンドンのマーケットで見つけた小さなシルバーのアイテムやレースのアイテム、そしてパリの蚤の市からは、可愛らしいBOXや古本など・・・、小さな可愛らしいアイテムを中心にご紹介したいと思っています。

 またいつものように、ちょこっとだけの更新にはなりますが、9月27日(月)の営業時間内に、HPのPRODUCTSのページのAntique2の項目でご紹介致します。またよろしければご覧になって下さいね。

 Antique2でご紹介する予定の商品は・・・・
037
 これは、今回の商品の中で一番私のお気に入り!ロンドンのマーケットで見つけたガラスジャーです。とても素敵なデザインの純銀の蓋が付いています。ガラスジャーは細長い形をしていますが、このシルバーの蓋は、ぷっくりとしてとても可愛いです!

 「これはヴィクトリアンのものだよ」というセリフをロンドンのマーケットでは度々聞かされました。イギリスのアンティークの本でも、「ヴィクトリアンかどうか、ということで価値が変わってくる」と書いてあるのを見たことがありますが、ヴィクリア朝時代のアンティーク、というだけで、確かに他のモノと値段が違っていましたし、店主さんも、高い商品に対しては「これはヴィクトリアンだから・・・・」と「だから、価値があるんだよ!」と誇らしげに説明をする方が多かったです。

 フランスだと、「アールヌーヴォー」のものが価値があり、現地の人にも「これはアールヌーヴォーだからね〜」と言われることが多いのですが、イギリスでは、やはりアールヌーヴォーよりさらに古く、「大英帝国」として栄華を極めたヴィクトリア朝時代のものがより価値があると思われているようです。

 ちなみにこちらの↑ガラスジャーもヴィクトリアンです。やっぱりロンドンのマーケットでは、「いいな〜」と思うモノはヴィクトリアンのモノが多かったです。もちろん、ヴィクトリアンではなくてもお手頃で素敵なモノがたくさんありましたよ!

 そして、今回パリでも色々素敵なものを見つけてきました!同じく27日に、Antique2でご紹介する予定の商品ですが・・・・
215
 蚤の市で、久しぶりにアイボリーのミサ典書を見つけました。1800年代後半のとても古い本です。全体的に少しくすんだような色合いになっていますが、それがまた趣きがあってとても良い感じになっています!

 今回ご紹介するアイテムは、どれも私が宝箱にしまっておきたい、と思えるようなお気に入りのものばかりをセレクトしました。皆様にも気に入っていただけるかどうかは分かりませんが、またUPした際には、是非PRODUCTSのページを覗いてみてくださいね!  

September 21, 2010

アンティークレース入りキーホルダー

 だんだんと秋らしく、涼しくなってきましたね。今年のシルバーウィークは、とびとびでお休みなので、大型連休にはなっていないのですが、それでも、やはり連休明けの今日も、比較的遠方からのお客様が多かったような気がします。ここしばらくは、気持の良い気候が続いていますが、今週はお子様の運動会、というご家庭も多いのではないでしょうか?このまま週末まで良いお天気が続くといいですね!

 今日は、ロンドンのマーケットで見つけたこんな可愛らしいアイテムのご紹介を・・・
033
 現行品のキーホルダーですが、中にはアンティークレースの切れ端が入っています。どれも1800年代後半から1900年代初期の、とても古いアンティークレースが使われているそうです。「珍しいな〜!」と思って、ついつい手に取ってしまいました。

 小さなキーホルダーですが、一応イギリスのモノなので、ちゃ〜んと「UK」のマークが入っているんです。
050
 ↑ちょっとこの写真では分かりにくいでしょうか・・・?裏側にちょこんと「UK」のマークが・・・・。中に入っている繊細なアンティークレースは、小さいながらもそれぞれ1点ずつ違った表情をしていますので、是非お店で手に取ってご覧になって下さいね!(私も現地で、ひとつずつじっくり見て、選んできました!)

 さて、先週アンティークのアイテムをHPPRODUCTSのページでちょこっとご紹介致しましたが、アンティークのアイテムは何回かに分けて少しずつご紹介する予定ですので、早速第二弾の準備も進めています。

 次回のアンティークの更新では小さな可愛いアイテムを中心にご紹介しようと思っています。小さなシルバーの小物や可愛いBOX、繊細なレースのアイテムなど・・・、私のお気に入りのアイテムばかりを集めてみました!今週末か来週あたりにはご紹介できるよう、頑張って準備していますので、また更新日が決まりましたら、ご案内致しますね。

 アンティーク以外の商品も色々入荷してきていますので、アンティークの更新の合間に、現行品のアイテムも少しずつ更新していく予定です。現行品のアイテムの更新は、特に告知はしないで、不定期にUPしていきますので、またちょこちょことPRODUCTSのページも覗いてみて下さいね!  

September 17, 2010

1960年代

 まず最初にお知らせです。パリ買い付けプレゼントとしてご用意させていただいていたポストカードが昨日で全て無くなりましたので、これで終了させていただきます。ご来店、ご利用いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 そして、本日はパリで買い付けたラブリーなアイテムのお話を・・・・
076
 可愛らしい花柄のBOX・・・・、パリのモンマルトルにある、可愛らしいパリジェンヌのお姉さんのお店で見つけたものです。お店には、彼女の可愛らしい雰囲気にピッタリの、乙女心くすぐるアイテムがいっぱいなのです。

 こちらのBOX、アンティークと呼べるほど古いものではなく、1960年代頃のものだそうです。BOXの蓋を開けてみると・・・・
097
 中には、シンプルなデザインのティースプーンが!このラブリーなBOX、小さなカトラリーケースだったんです。もちろん、スプーン付きです!中のスプーンはステンレス製です。

 そして、可愛らしいパリジェンヌのお店では他にもこんなアイテムを見つけました。
129
 フランス「Arcopal(アルコパル)」のミルクガラスのカップです。フランスのミルクガラス・・・といえばこの「Arcopal(アルコパル)」が有名ですが、こんなロマンティックな花柄のアイテムだけではなく、ミッドセンチュリーっぽいモダンなデザインのミルクガラス製品も多いですよね。
 
 私はどちらかと言うと、モダンなデザインの食器はあまり好きではないのですが、この「Arcopal(アルコパル)」のロマンティックな花柄シリーズは、優しい感じがするので、好きなんです!何だかあまり60年代っぽくないですよね?

 こちらの商品↑、カップだけでソーサーはありませんので、是非普段使いに・・・。カップだけですので、お値段もお手頃価格にしています!花柄のカトラリーケースも、ミルクガラスのカップたちも、店頭に並んでいますので、是非手に取ってご覧になって下さいね。  

September 16, 2010

Antique1の更新について

 先日お話をした次回のアンティークの更新についてのお知らせです。今回買い付けてきたアンティークのアイテムの中から何点かピックアップして、HPのPRODUCTSのページの中のAntique1の項目でご紹介致します。明日17日(金)の営業時間内にUPする予定です。

 ご紹介する予定のアンティークのアイテムは色々あるのですが、とりあえず、順番に少しずつご紹介していこうと思っていますので、今回もほんの数アイテムのちょこっと更新になりますが、是非お時間のある時にでもご覧になって下さいね。

 今回ご紹介する予定のアイテムは・・・
118
 古びた風合いのある趣きのあるお皿・・・、100年程前の「Gien(ジアン)」のお皿です。ジアンのアンティークは、そんなにたくさん見つかるものではないのですが、前にもお話したことがありますが、必ず買い付けの度に1点か2点、素敵なジアンとの出会いがあります。

 今回見つけたのも、たまたま素敵だな〜と手に取ってみたら「Gien(ジアン)」だったのです。とてもとても古いお皿で、写真では分かりにくいとは思いますが、かなり経年による貫入や古びが出ています。でもそんな古びた感じがとても良い雰囲気になっていると思います。

 そして、同じくAntique1でご紹介するのは・・・・
026
 何だかアジアンチックな雰囲気が漂っている、まるで和食器のような趣きのミニボウル、和の雰囲気のある食器には目のない私は一目で気に入って手に取ってしまいました。

 最近は前ほどカフェオレボウルの需要も無くなってきたせいか、現地でもカフェオレボウルを買い集めるバイヤーの姿もあまり見なくなり、以前よりはカフェオレボウルも見つけやすくなっているとは思うのですが、ありきたりの柄のボウルには、私自身も食指が動かないようになりました。

 でも、あまり見た事がないレアな柄や、今回のように、私個人の趣味にピタッと合うものがあれば、思わず連れて帰ってしまうことも・・・・。このミニボウル、パリで見つけたものなのですが、実はオランダ製です。いつも行くお気に入りのアンティークショップの棚の上にちょこんと佇んでいたのを、すかさず見つけました!

 今回はこの他にもベルギー製の古いお皿や、可愛らしいすずらん柄のミニグラスなどご紹介する予定です。ほんの少しのアイテムのご紹介になりますが、また17日(金)、UPした際には、是非HPのPRODUCTSのページをご覧になって下さいね!  

September 14, 2010

L'Ecritoire(レクリトワ―ル)

 9月に入ってからも相変わらず暑い日々が続いていましたが、今日は少し日中でも暑さが和らぎ、過ごしやすくなりましたね。ほんの少し、だけですが、やっと秋に近付いてきたような気がします。

 さて、昨日ちらっとお話をしましたがパリのマレ地区にある文房具屋さん「L'Ecritoire(レクリトワ―ル)」のとても可愛らしいステーショナリー類が入荷しました!
221

233
 フランスらしい絵柄のとても可愛らしいステッカーシール、こちらは1セット12枚入りで販売しています。お手紙に貼ったり、ガラスボトルなどに貼ったり・・・、なかなかありそうで無かった素敵な色・デザインのシールです!

 そして、こんな可愛らしい封筒・カード類も・・・・
281
 形も可愛いですが、何といってもこの色合いが本当にフランスらしくて素敵です!上の写真はほんの一部で、もっと様々なカラーバリエーションがあります。お店にも全部は出し切れないので、少しずつ並べています。本当に色々な色の組み合わせがあるので、どれにしようかな・・・?と迷ってしまいますよ!

 使う時はこんな感じに・・・
258
 左側のお花のような形の六角形の封筒には、二つ折りのカードが入っています。カードにメッセージを書いて、お花の形の封筒で包んで、最後には付属のシールで封をします。

 右側のエンボス模様が可愛い封筒は、封筒がこのままカードになっていて、直接メッセージを書き込めるようになっています。カラフルなゴムが付属していますので(このゴムの色も色々カラーバリエーションがあります)この写真↑のように、ゴムを使って封をします。

 私の拙い写真では、この素敵な色合いや形が上手く表現できなくてすみません・・・。実際はもっと綺麗な色ですし、とても紙も上質ですので、是非お店で実際に手に取ってご覧になって下さいね。

 明日15日は水曜日ですが、私が買い付けに行っている間、水曜日は2回お休みをいただいていますので、明日は休まずに営業致します!(9月は残りの水曜全て営業致します)お土産プレゼントもあと残り少なくなりましたが、まだ続けて行っていますので、是非ご来店下さいね。  

September 13, 2010

パリ便到着

123
 今回の買い付けでパリから送った荷物が本日届きました。現地で直接買い付けたアンティークのアイテムが中心ですが、今回はパリだけでなく、ロンドンのアンティークマーケットで見つけてきたアンティークも色々あります!

 パリでは古くて趣きのあるお皿やガラス類・・・。そして、ポストカードやミニカードなどの紙モノ、古いカゴやレース類・・などなど色々見つけてきました。ロンドンでは、シルバーやレースのアイテムたち・・、そして、ちょこっと陶器類も。ロンドンでは、私にとって「お宝」とも呼べるアイテムとの出会いもありました!また後日ご紹介したいと思っています。

 アンティークのアイテムは用意が出来た分から順番にお店に並べていきますが、また何点かピックアップをしてHPのPRODUCTSのページでもご紹介する予定です。「買い付け商品の更新はいつですか?」というご質問も多くいただいていますので、なるべく今週中に第一弾はUP出来るように準備をすすめていきますね。また数アイテムずつのちょこっと更新になるとは思いますが、順番に少しずつUPしていきたいと思っていますので、よろしければ是非PRODUCTSのページもご覧になって下さいね。

 アンティーク以外の商品では、パリの素敵な文房具屋さんの現行品のステーショナリー類も届いています。今回初めてお取引をさせていただいたのですが、とても綺麗な色・形の封筒・カードや、フランスらしいデザインのとても素敵なシールなど・・・、どれも本当に可愛いです!またこちらの商品は、ご用意が出来ましたら、ブログでご紹介させていただきますね!  

September 11, 2010

イギリス製のイニシャルスタンプ

 前回、1月の買い付けでロンドンを訪れた時、最終日に立ち寄った小さなアンティークマーケットでとても素敵なスタンプを売っているお店がありました。

 そこで扱っているスタンプは、アンティークではなく、現行品のハンドメイドだったのですが、アンティークの文字や絵柄などのデザインを復刻して作られたとても素敵な銅版のスタンプがたくさんあって、かなり興味を引かれました。

 特にヴィクトリア時代の文字を復刻して作ったというイニシャルのスタンプは本当に綺麗で・・・・。まるでアンティークのような趣きのあるスタンプにとても心惹かれて、しばらくその場から離れられず、どれにしようかな・・・?と迷いながら色々スタンプを物色していました。

 店主さんも、試しにスタンプを押して見せてくれたりして、かなり親切に対応してもらったのですが、お店で販売用として買い付けるにはちょっと高いかな〜?とか色々迷った末、結局何も買えずにその場を立ち去ってしまいました・・・・。

 でも、その後すごく後悔してまって、「せめて自分用だけでも買えば良かった〜!」と、かなり心残りになっていました。「今度ロンドンに行く機会があったら絶対買ってこよう!」と心に決めていたので、今回の買い付けで再びロンドンに来る機会があって、丁度その日も同じマーケットが開催されていたので、今度は迷わず、たくさん買ってきました!

 前置きがかなリ長くなってすみません・・・・。再会したスタンプたち、やっぱりすごく素敵だったので、自分用・・・だけではなく、お店でも販売できるようにたくさん買い付けてきましたよ!
020
 土台は木製なのですが、版の部分は銅製で、ヴィクトリア時代の文字を復刻して、丁寧にひとつひとつハンドメイドされているそうです。現行品ですが、アンティークの様な風合いがあって、そのまま飾っていても絵になるような素敵なスタンプです!

 銅版なので、普通のゴム印よりは堅い為、柔らかい布の上で押していただくと、綺麗に文字が写ります(ちょっとコツがいります)。マーケットの店主さんも、こうやって布を敷いて・・・と丁寧に何度も教えてくれました。

 スタンプを押すとこんな感じに・・・
041
 ↑これ、多分Nが逆さまになっていますね・・・(失礼しました!)。

 同じイニシャルでも複数揃えることが出来たので、人気のあるイニシャルはなるべく多めにご用意しています。早速お店に並べていますので、是非手に取ってご覧になって下さいね!  

September 09, 2010

帰国しました

DSCN1357
 昨日、無事にパリより戻ってまいりました。いつもは関空からAF(エールフランス)を利用してパリへ行くことが多かったのですが、今回はマイレージの関係もあってJALを利用した為、初の成田経由でした!

 伊丹の大阪国際空港から成田国際空港へ、そして成田からパリ・CDGへ・・・・。行きの成田での乗り継ぎ時間が思ったより短かったので、今回はゆっくり免税店を見る暇もあまり無く、慌ただしい出発となりました。しかも帰国した日は、関東地方は台風の影響で大雨に・・・。東京で足止めになることを覚悟していましたが、空の便では大きなダイヤの乱れもなく、定刻通りに伊丹空港に戻って来ることが出来ました。

 ちょうど帰国日には、パリでストライキがあった為、メトロ、バスなどの本数が少なくなっている影響で、スムーズに空港に行けないかも・・・・?と心配していましたが、特に道路も混み合うことなく、スムーズにCDG空港に到着しました。念の為にと早めに出発していたので、出発時間の3時間半前に空港に着いてしまい、かなり長い時間、空港でまったりしていました。でも、パリでのストライキの影響も、日本での台風の影響も特になく、無事に帰って来れたので良かったです!

 今回のパリは朝夕は少し肌寒かったのですが、秋の風が心地よく、全体的に過ごしやすい快適な気候でした(猛暑だった日本とは大違いです!)。今まで何度もこの季節に渡仏していますが、今回は今までで一番過ごしやすい気候だったかも・・・・?実は日本を発つ直前、少し身体の調子が悪かったのですが、パリ滞在中に回復して、すっかり元気になりました!

 今回もささやかですが、パリのお土産プレゼントをご用意致しました・・・・
043
 パリの蚤の市で見つけたとても古いポストカードです。中には100年くらい前のものもあります。こちらのポストカードを、ご来店・通販で2,000円以上お買い上げいただいたお客様にプレゼントさせていただきます(早速、本日よりお渡ししています!)。

 使用済みの古いポストカードですので、額に入れたり、壁に飾ったり、ディスプレイとしてお楽しみ下さい。一枚、一枚、全て違う柄ですが、柄の選択はこちらにお任せ下さいね。どのポストカードも本当に可愛いです!かなりたくさんご用意していますが、ご用意していた分が無くなりましたら終了させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 出発前にお話していましたが、今回は日帰りでロンドンにも行ってきました。今回は初めてユーロスターに乗りました!ドーバー海峡を渡る時、これが海底トンネルか〜!と感動するのかな・・?と思っていましたが、意外と普通のトンネルでした・・。パリ−ロンドン間は、2時間以上かかったのですが、景色を見たり、ウトウトと眠っていたりしたらあっという間でした。
DSCN1333
 ↑ロンドン、ノッティング・ヒルで、とても可愛い建物を発見!ノッティング・ヒルは、パステルカラーのとても可愛らしい建物が多くて、テンションが上がりました!観光客も多くて、皆、そこら中で写真を撮っていましたよ。ちょうどロンドンに着いた日は土曜日だったので、ロンドン最大のマーケット「ポートベロー・マーケット」も開催されていて、すごく人が多かったです。

 あまりたくさん写真は撮っていませんが、またパリやロンドンの写真は後日ゆっくりご紹介させていただきますね。ロンドンでは、前回行ってとても気に入っていた小さなアンティークマーケットにも行けましたし、色々パリでもアンティークを買い付けてきましたので、またこちらも少しずつご紹介させていただきますね!

 パリの見本市「メゾン・エ・オブジェ」では、秋冬の新作やクリスマス商品など、色々オーダーしてきました。もちろん人気アイテムの再オーダーもたくさんしてきています!また順番に入荷してくると思いますので、どうぞお楽しみにお待ち下さいね!

 手持ちで持ち帰ってきたアンティークの中で、今回は素敵なレースのアイテムが多いです!パリでも素敵なアンティークレースはありますが、状態の良い物を見つけるのはなかなか難しくて・・・・。でも、イギリスは本当に綺麗なアンティークレースが多いですね!ロンドンなので、田舎の方よりだいぶ高いとは思うのですが、それでもパリより質が良くて安いものが多かったような気がします。あまりゆっくり見て回れなかったのが残念だったのですが、素敵なアンティークレースを色々見つけてきました!少しずつお店にも並べていっていますので、また是非見にいらして下さいね。